ドロップアウト

男子高校生の独断と偏見

お世話になっているみなさんへ

昨年の11月頃、「もう部活辞めます」と宣言しました。

 

その真意は、「今はたまたま出させてもらってますが、僕の実力ではいずれ確実に出られなくなるし、そもそも一年近くやってもバスケ自体を楽しめなかったので、自分が輝ける他の場所を探します。」といったところです

 

 

試合に出られる人達を最大限リスペクトし、己の未熟さを受け止め、今は前向きに活動してます。

 

ザックリ言っちゃえば、白旗を揚げたわけですが、部活動盛んな高校でしたから、当然僕は先生方からも批判されました。

 

散々言われるのは悲しいですが、まあ因果応報で仕方がないとして。

 

しかし一方で、キチンと真意を受け止めてくださった方々からも、こんな言葉を言われました。

 

部活辞めたら、友達もいなくなるし、むしろ辛いことや失敗することの方が多い。

 

確かに仰る通りで、

辞めた当初、自分が慣れ親しんだ部活を退部するというのは、東京の交通機関で喩えるなら《山手通りと山手線とレインボーブリッジが封鎖されている》という壊滅的状況で、「じゃあ、どうやって目的地に向かうんだよ」状態でした。

 

しかし、その状況に自分を追い込んで、新しい乗り物を自力で開発して、そいつを運転して目的地に向かうという方法でしか、自分やバックアップしてくれる友達を守れないと思ったので、批判されながらも思いきって踏み切ってみました。

 

退路を断ち、ジタバタともがき続け、そこで生まれたのが「YouTube」でした。おまけに新宿のスターバックスで台本の打ち合わせをした帰りに、事務所から声もかけてもらい、面接をして所属することになりました。

 

目に見える結果を僕はまだ出せてはいませんが、紆余曲折しながら、自分だけの道を楽しく歩いてます。

 

よく勘違いされるのですが、もともとをアーティストとして表現することが好きだったわけでも、得意だったわけでもなく、むしろ苦手意識もあったわけです。

 

「何かを見つけなければ」と手を伸ばした先にYouTubeや芸能活動があったのです。

 

本当の意味での僕の人生は、退路を断ち、自分でハンドルを握って進み始めた、その日からで、そこから考えるようになりました。

 

「どうすれば、作品が届くのだろう?」

 

「どうすれば、次に繋がるのだろう?」

 

「どうすれば、自分のアイデアに人を巻き込むことができるのだろう?」

 

「アッチに舵をきれば、世間はどんな反応をするのだろう? …チョットやってみよう」

 

バスケ部という明確な活動は、もう無いので、自分で考え、行動するしかありませんでした。

 

それらを経験した上で、僕が言えることは、

特にこれからの時代、
明日がどうなるか分からないわけで、
「肩書きをコロコロ変えるな!」と皆は怒るけれど、これからAIの進出やBIの実現可能性を考えると、いろんな職業が猛スピードで無くなり、人によっては肩書きをコロコロ変えなきゃいけなくなる未来が確実に来るわけで、
これまでの常識…たとえば「大企業に入れば安心」だとか、
たとえば「一つの肩書きで生涯をまっとうした方が人として素晴らしい」といった考えが、少しずつ、しかし確実に、通用しなくなってくる。

 

その時、信用できるのは、その時々の状況に合わせて、ハンドルを右に切ったり、左に切ったりする《自分の腕》で、それより何より、大前提として、「自分の人生のハンドルを自分で握っておく」ということが、とても重要になってくると思います。


「ウチは顧問がクソだから…」とか、
「ウチの部活はブラックすぎる」とか、
「この制度のせいで、自分は不幸だ」とか、
そんな感じで、他人に運転させながら、後部座席で愚痴っていて、それでも前に進めていたけれど、これからは、乗り物ごと池にポチャンしてしまう可能性がある。

 

運転技術はクソだけど、それでも目的地に向かって走ってくれるドライバーはいなくなり、先人が描いてくれた地図は目の前で途絶えている。

 

はたして、どっちに進めばいいのやら?
そんな時代です。

 

こうなりゃコンパス片手に、自分の頭と足で進んでいくしかありません。

 

それでしか、自分や、自分の大切にする人たちを守っていくことができません。

 

ただ、それは『絶望』ではなくて、僕らの番で移動手段が変わっただけの話で、地図がないということは、つまり誰も知らないオアシスが残っているわけで、むしろ『希望』と呼んでいい。

 

何かを仕掛けようとすると、
その場から動くことを諦めた人達から批判が起こる。
「そっちには行くな」と声があがる。
それでも前に進んで、手ぶらで帰ってきたら、「そら、みたことか」と嘲笑される。

 

それでも前に進まなければ、守るべきものが守れなくなる。
先にも挙げたけれど、スタッフや自分が大切にしてる人たち、そして、たとえば「皆を楽しませたいな」という自分の気持ち。

 

そのことを理解できているから、だから前に進もうとする、あなたのコンパスになればいいな、と、このブログを書きました。

 

まさに僕は厨二病として今後も走り続けます。

多様性のお話

他人の生き方に文句をつけれるほどあなたの人生は立派なのか。

【ちなみに僕の独り言だと思って読み流してくれれば結構です】

 

日本人にはそういう人たちが多い気がします。

 

なぜそういう思考回路に陥るのか全く理解できない。

 

その人の人生に悪影響を与えてるわけではないのに、自分の価値観を押し付けるってエゴすぎませんか?笑

 

その考えが極論になると戦争になります。

 

宗教戦争、冷戦も思想や価値観の違いを巡った争いだったわけです。

 

「俺はキリスト教は信じない!ユダヤ教は信じない!だから宗教なんてクソだ!」とか言ってる人は頭沸いてませんか?笑

 

信仰する人は信仰すれば良いという話。

 

誰もが気づかないうちにイデオロギーや世間に影響を受けて、正しいと思い込んでいることは一つや二つくらいあるでしょって話。

 

それを否定されるのって訳わからないでしょ?

 

百害あって一利なしというか・・・

 

経験上、否定してくる人たちの大多数が感情論

 

タイトルやキーワードだけを感覚的、感情的に捉えて脊髄反射してるから何の論理性や説得力もない。

 

そういう共感性の高い多様性主張マンとは付き合いたくないですね・・・笑

 

学校によくいる、人の噂話や恋愛事情に過敏なゴシップ大好きな人とかもそう。

 

別に恋愛話に興味がないということではないですが、その中身がどんなものであれ、その人自身の評価は変わらないのですよ。

 

僕は人の内情とか全く気にならないんです。

 

僕が友達に求めているものは、話がすごく面白かったり、考え方が独特だったり、貴重な体験をしていたりだとか。

 

自分に刺激があって、一緒にいて楽しい人です。

 

それが友達の基準であって、例えばその友達がゲイであろうがレズであろうが喫煙してたり二股したりしてようが関係ないのですよ。

 

友達関係においては、全く関係のないことです。

 

その人自身の面白さには関係ないからです。

 

友達には基本面白さしか求めてないです。(危害が及ぶ場合は別)

 

例えば政治家とかでもプライベートがクズでも、仕事では有能で結果を出せる人であれば、プライベートが誠実で、仕事では無能という人よりも社会貢献していると思うのですよ。

 

僕たちが政治家に求めるのは、行政での結果だから。

 

そもそも他人の人生を覗いてとやかく言えるほど、あなたの人生は立派なものなのか?

 

あなたに失敗がないと言い切れる?

 

自分の人生に満足してないから、他人の人生にケチをつけることでマウントをとりたいのかな・・・

 

そういう人は僕みたいなか弱い男子校生(ここ大事)を使っていくらでも上に立って頂ければと思います笑

 

他人の人生を気にする人ほど中身スカスカで時間を無駄にしている」という記事でした。

 

私は私で生きていく。あなたはあなたで生きていく。

 

こういうスタンスの人が増えれば、多様性社会が実現し救われる人も多数いるのではないでしょうか?

 

相田みつをさんも「親切という名のお節介、そっとしておく思いやり」という言葉を残しています。

 

日本人にはお節介な人が多すぎるのかもしれません。

 

そっとしておくことも大事なのでは?


【本編公開中】WEEKLY OCHIAI「多様性をアップデートせよ」(落合陽一×高橋祥子)

夏休みに入るので半西野亮廣信者が啓発

ダラダラ過ごしてしまいがちな長期休みに入るので、これを読んで「今から何かをやってみよう」と少しでも思ってもらえたら嬉しいです。

 

なぜいつまでたっても

 

キミやキミの大切にしているものが

 

傷を負い続けている?

 

涙を飲み続けている?

 

理由は一つしかない。

 

キミが弱いからだ。

 

極端な環境に身を投じることを避け続けた今のキミには、力が備わっていない。

 

もしキミに守りたいモノがあるのなら、キミ自身が強くなるしかない。

 

流れに振り回されない力を手に入れれば、キミは、キミが守りたいモノを守ることができる。

 

ここから先は頭で考えちゃダメだ。

 

「現実」というものは、行動を起こしていない人間の想定を軽く超えてくる。

 

足を動かすことをしていない人間の出す答えには何の価値もない。

 

考えるだけ体が固くなる。

 

無駄だ。

 

武器の使い方は戦いながら覚えるんだ。

 

覚悟を決めるんだ。

 

今日はうまくいった?

 

それともドジっちゃった?

 

明日は今日よりも半歩だけ前に進めるといいね。

 

頑張ってください。応援しています。

 

いつかキミが震えるほどの感動に出会えますように

 

大丈夫、いけるよ。

 

西野亮廣

 

 【新世界】おわりにより

新世界

新世界

 

 

点を繋ぐ

スティーブ・ジョブズの“conecting the dots”という言葉を知っていますか?

 

「点と点を繋ぐ」という意味です。

 

つまり、将来役に立たないと思われることでも、いつかそれが何らかの形で実るということです。

 

僕もこの言葉を信じています。

 

17年という短い人生の中でも、そのことを実感する出来事が何回かあったからです。

 

周りから鼻で笑われたり、否定されるようなことでも無視して没頭する。

 

AIが台頭するこれからの時代、個人的にも「価値のあるエンタメを提供出来る人」が強くなるのではないかと考えています。

 

だから僕はYouTubeにも芸能界にも挑戦することを決めました。

 

とにかく試行回数を増やす。

 

「PDCA」という言葉を聞きますが、日本人はP(プラン)に重きを置きすぎて行動することが出来てないと思います。

 

「DDDD」で十分。

 

一緒に良い意味でバカになりましょーや。

 

 

 

 

 

プレゼンで人生を変える

戻ってきました!!!

 

テスト終わりました!

 

今日からまた更新していきます。

 

最近、どうやったら心を動かすプレゼンができるのだろうかと日々考えています。

 

そこで今回は、僕が気づいたプレゼンが上手な人に共通するいくつかのことをアウトプットしていきます。

 

1原稿や台本は一切見ない

 

プレゼンにおいて「何を伝えるか」というのも大事ですが、「どう伝えるか」の方が大事だと思っています。

 

人は言葉を聞いているようで聞いていないと思います。「言葉を言っている人を見ている」のだと感じました。

 

そのときの自信のある顔やたたづまいが人を惹きつけます。

 

つまり、原稿を持って読んだ時点でその人の敗北が決まるのです。

 

2専門用語と気取ったカタカナ語は絶対に使わない

 

「長い、難しい」というプレゼンは聞き手にとって地獄です。

 

難しい言葉は、聞き手に劣等感を覚えさせてしまう。

 

短く言葉を切って、分かりやすくして伝えることを意識します。

 

「一番使いたくなる言葉ではあるけど、使うと聞き手の心が離れそうだ」という言葉は大胆にカット。

 

削ぎ落とすことで、強く印象付け、感動を演出します。

 

3謙遜に見せかけた言い訳をしない

 

ハードルを下げる人間の言うことは誰も聞かないと思います。

 

聞き手に甘えず、根拠のある「適度の自信」を持つことが重要です。

 

4一番始めに何について話すかを言う

 

話を聞くメリットを始めに示さないと、聞き手の心をつかむことはできないと思います。

 

例えば、映画の予告編や本の帯がそのような役目を果たしています。

 

本編を話す前に、「これからどのような話をするのか」という予告を入れる。

 

そううすることで、聞き手をエスコートしてあげられる。

 

5「歴史」を利用して裏付ける

 

プレゼンの裏付けにとても有効なのが「歴史」だと思います。

 

様々な人間が、過去から未来へと警告を残し続けてきたのが歴史です。

 

それを深く学び、それを踏まえて聞き手の心をつかむ。


【感動】中田敦彦の持論「優れるな、異なれ」

 

人類の最大の武器は「伝達能力」と「虚構を信じる力」

最強のトリリンガール降臨!

最強のトリリンガール降臨!!!

 

YouTubeを始める上で僕は、中国の人から動画のコンテンツとなる知識と原本を提供してもらっているのですが、翻訳アプリの性能が完璧ではなくかなりの時間がかかってしまいます。

 

文法とかめちゃくちゃになってしまうんですよね・・・笑

 

このままでは、他にやるべきことに対しての生産性が落ちてしまうと考えました。

 

そこで、他校の人からトリリンガルの女の子を紹介してもらいました。

 

日本語、英語、中国語を話せるようです。

 

すごい・・・笑

 

「高校二年生のトリリンガール」、中々いない逸材だと思います。

 

ありがたいことに、翻訳作業を手伝ってもらうことになりました!

 

何かやりたいことが決まっていたら、あとはそれをどう最大効率化していくかが重要ですよね。

 

また良い繋がりが広がった気がします。

 

難航しているYouTubeコンテンツ制作ですが、5月中には出したいです。

令和時代のお金

なぜ、新札なんて刷ってしまんだ!

 

ついに新元号の令和となりました。

 

年越しのような感覚で新時代を迎えた人もいるみたいですね!

 

僕はこの令和時代、様々な分野でAI、IOT、ビッグデータなどの新しい技術が導入されていくと考えています。

 

その変化の中で、紙幣や銀行がなくなると予想しております。

 

数年後には、売買のほとんどがキャッシュレスでの決済になると思っています。

 

2025年までにはキャッシュレス決済の普及率を最大40%までに持っていきたいと公言している日銀や政府の関係者が何故、新札を刷る理由が無能な僕にはわからないのです。

 

新札を刷る時間と予算があるなら、増税する必要もないし他にもっと出来ることもあると思うのです。

 

キャッシュレス決済の制度を確立できれば、すべてのキャッシュフローがデータ化されるので、政治家が私利私欲のために国民の税金を無駄にするといったこともなくなるはずです。

 

データとして透明化されると、政治家の人たちも誤魔化しようがないと思います。

 

しかし、その制度を導入する権限を持っているのは日本の政治家たちです。

 

これが学歴社会というやつ⁈

 

また、僕もLinePayを最近利用し始めましたが、コンビニや飲食店で決済するとキャッシュバックが来て、現金で決済するよりも安くてお得なんですよ。

 

それこそ、僕たち学生が大好きなスターバックスにも適応されているので、学生の人達もみんな使えば良いと思うのです。

 

中国でも、アリババを中心にキャッシュレス決済が確立されたみたいですし、アメリカでも現金をもうほとんど使わないみたいです。

 

日本もいづれはそうなるのかな??

 

とりあえず、お金に関する超有名な本を貼っときます。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)