ドロップアウト

男子高校生の独断と偏見

事実を武器にする

スマホが普及し便利になった反面、多くの嘘がネット上に溢れることとなりました。

 

ネットにある情報の半分以上は嘘だと言う人もいます。

 

僕も含め、一般の人はそこまでネットの使い方を習熟していないと思います。

 

例えば、アメリカの大統領選挙の時。

 

フェイスブックで「選挙戦で影響力のあったTOP10」というものが公開されたのですが、その内容はフェイクニュースの方が多かったのです。

 

しかし、ゴシップ要素のあるフェイクニュースの方が「いいね」が多く、みんなそれを信じてしまいました。

 

そのあと見事に、トランプさんが勝ったという。(もちろんそれ以外にも含蓄はある)

 

「サピエンス全史」や「ホモ・デウス」著者のユヴァル・ノア・ハラリさんは、人類は虚構(フィクション)のおかげでここまで発展できたと述べています。

 

もしかしたら、虚構が好きな僕たち人類は、世の中をどうしてもドラマチックに捉えてしまう傾向があるのかもしれません。

 

気づかないうちに、僕たちはマスメディアに踊らされているのだと思います。

 

嘘は嘘であると見抜き、事実に基づいて行動できる人間は多くないと思います。

 

メディアリテラシー?って言うんですかね・・・?

 

実際、私たちが思うほど、世の中はドラマチックに出来てないと思います。

 

これを『FACTFULNESS』という本の中では、「ドラマチックすぎる世界の見方」と紹介しています。

 

海外の本ですが、ぜひ読んでみてください!

 

 

ビル・ゲイツ「名作中の名作。世界を正しく見るために欠かせない一冊だ」

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

  • 作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作,関美和
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

 

 

意識が高いだけのバカ

「意識が高い系」という言葉を聞いたことありますか?

 

Twitter上でよく見かけるのですが、「意識高い系」と呼ばれる人がいます。

 

彼等の多くは、意識が高いというだけで何かと理由をつけて行動しません。

 

「今は準備期間だ。あと数年したらやる。」と言って、いつまで経っても何もしないのです。

 

結局、そういう人は死ぬまで何もしないと思うのです。

 

しかしそれに加えて、プライドだけは一丁前に高いという厄介な性質を持っています。

 

彼らは、アルファツイッタラーのツイートやプロフィールに騙されお金を搾取されています。

 

インフルエンサーが売る内容の薄い情報商材を買ってしまうんですね〜〜笑

 

何か始めたいスポーツがあったら、技術の解説図鑑を読んでからプレイしたりしますか笑?

 

彼らがやっていることは、それに等しい気がします。

 

とにかくまず自分でやってみて、その中でノウハウや仕組みを学んでいけば良いと思うのですよ。

 

僕のやっていることとしては、なるべく具体性の高い目標を掲げて、周りにいる人たちに『これやる!!』と宣言してしまう。

 

そうしたら、自分の言葉に責任が生まれて達成しようというモチベーションを維持し、努力し続けることができます。

 

「起業セミナー?YouTube塾?」

 

それ、意味ないからwwww

 

 

 

 

GW中にはYouTubeに動画あがります。

 

以前も言った通り、第一回はルソーです。 

時間と技術革新

時間は何よりも大切だと思っています。

 

基本、時間だけは誰もが平等に与えられているものだと思うのです。

 

金持ちでも貧乏人でも同じ24時間を過ごしています。

 

「時間がない」というのはただの言い訳で、時間というのは自分でつくり出していくものだと思うのですよ。

 

やりたいことが明確になったら、それをどう最大効率化させていくかに知恵を絞るべきです。

 

ですから「会って話がしたい」ということなら、出来るだけSkypeや動画通話で済ませたいです。

 

自分がその場に行かなくても連絡が取れるので、自分がやりたい他のことにも時間が充てられるので効率も良いと思います。

 

ですから、最新の便利なものは、利用していくべきだと思います。

 

ある意味、テクノロジーやイノベーションはパンドラの箱みたいなもので、開いてしまったらもう後戻りはできないと思うのです。

 

人類はこれからもより発展していくだろうし、その恩恵を享受していくべきだと思うのです。

 

便利なツールがあるのにも関わらず、それを拒否し、いつまでも過去を美化しているような人が、いずれ「老害」なんて言われてしまうのではないかと思っています。

 

時間は、最新の機能を利用して作り出していきましょうや。

 

時間泥棒は、罪です。笑

週40時間の自由をつくる 超時間術

週40時間の自由をつくる 超時間術

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解のない問い

大学受験の制度も僕たちの代(2020年入試)から少しずつ変わっていくそうです。

 

センター試験が廃止され、共通テストが導入されます。

 

主な変化として、マークシート式の設問だけでなく、思考力や表現力を問うための記述式の設問があるようです。

 

そこで「ジャパンeポートフォリオ」というものが新たな入試基準として導入されることが文科省で決まったようです。

 

それは日々の気づきや実績を記録していくものです。

 

筆記の学力試験だけでは測れない能力を評価するという新たな試みで、筆記試験だけで勝負というわけにはいかなくなるようです。

 

ポートフォリオの蓄積がないとそもそも受けさせてもくれない大学もあるようです。

 

文科省は7月までに各大学ごとにその基準を発表するように定めました。

 

既に多くの国公立大学や私立大学が、その基準を発表し始めています。

 

筑波大学は、50点満点で点数化して判断すると公表しました。

 

このような入試制度の変更を受けて、「答えのない問い」に挑み続けられる人材が、これからの時代で求められているのではないかと、僕は勝手に考察しています。

 

東大入学式での祝辞で上野千鶴子さんが言っていたように、僕たち高校生が今までやってきているのは「正解が必ずある問い」です。

 

だから「頭良いけど頭悪いよね」なんて言われる人がいるのもしょうがないと思うのです。

 

もちろん、東大に入るまでの積み重ねた努力量は見習うべきものがありますが・・・

 

東大生でもない僕が言うのも生意気ですが、要するに彼らは、「正解が必ずある問い」を処理する達人なのであって、それ以外の部分では一般人と何ら変りないと思うのです。

 

しかし「お前の方が頭悪い」と言って差別し、私大に通う女子大生を強姦したという事件も最近ありました。

 

僕たち一般人から見ても、頭の良い人が取る行動とは思えないはずです

 

「頭の良さ」というのを測るのにも基準がたくさんありますし、一概に偏差値だけで人の頭の良し悪しを判断するのは違うと思うのですよ。

 

偏差値至上主義者は正直言ってバカだと思ってます笑

 

これからの人生、「正解のある知」だけではなく、いかにして「正解のない問い」を解決していくのかが肝になる思っています。

 

それを今回の大学入試制度改革と上野さんの東京大学祝辞に見た気がします。


上野千鶴子氏 祝辞

 

 

 

 

むむむ・・・

価値あるコンテンツをいかにして価値があると認知してもらえるかということをずっと前から考えていました。

 

質の高いコンテンツが埋もれてしまうようなことが様々な分野に見られます。

 

自分が楽しむだけが目的ならそれで良いのですが、利益をあげることを考えたらそれでは駄目です。

 

当初の僕は、楽しめれば良いという考えでしたが、今は利益をあげることを第一に考えています。

 

自分がやってみたいことを全てやり尽くすには、やはりある程度のお金は必要なんです!

 

あと僕は、基本的に既にある巨大なものをぶっ壊して勝ちたいと思ってる厨二病なので、いつか現代の学校教育を一新するような時代に合った小学校を本気で作りたいと思っています笑

 

(話を戻して・・・)

 

質の高いコンテンツを作っても埋もれてしまっては、意味がないです。

 

「運も必要」だと言われますが、この偶然を必然に変える方法はないかとずっと模索していたわけです。

 

調べて長考してみると、「始めに与えるインパクト」の方がコンテンツの内容よりも重要なのではないかという結論に辿り着きました。

 

個人的な感想ですが、「これは誰が見ても面白くないだろ」みたいなYouTubeの動画が意外と多く再生されていたりしていました。

 

しかし、それらの動画に共通しているものとしてキャッチーなサムネイルや動画タイトルにしているものがほとんどでした。

 

「サムネに釣られてやってきました」などのようなコメントもあるように、まずは目に留めてもらうためにはタイトルやサムネイルがかなり重要なのだと気づきました。

 

このことをYouTubeやブログだけでなく、他のことにも転用できる一種の小技だと思うので、今後新しいことをネットで始める時は活かしていきたいですね!

 

とりあえず、僕の前の席にいる岸くんとYouTubeチャンネルの名前を思いついた次第にメモ帳に列挙したので、恥ずかしいけど一部載せます笑

 

1フカボリクリック

2pubpubチャンネル

3日中同盟

4日中知識同盟

5エドパプチャンネル

6パインアップルチャンネル

7EPチャンネル

8教養チャンネル

9超越チャンネル

10ステハゲチャンネル

 

この通り、ネーミングセンスの欠片のないものしか思いつかなかったので、何かアイディアがあれば教えて欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

第一回は・・・

日曜日からYouTubeの動画作成をCさんと共同で行います。

 

コンセプトは、「学校では教わらない役立つ知識を、物語(フィクション)を通して伝えること」です。

 

幅広い分野での知識を伝えていきます。

 

僕は、Cさんが考えて書いてきてくれたものをネイティヴの日本語に直して喋ります。

 

僕自身もそれを通して、新しいことを学んでいきます。

 

第一回は「ルソー」についてです!

 

まだ最初の内は、うまくいかないことなどもあると思いますが、試行錯誤しながらやっていきます。

 

楽しみで日曜日が待ち遠しい・・・笑

 

まだ僕も読んでないけど貼っておくわけです笑

 

告白 上 (岩波文庫 青 622-8)

告白 上 (岩波文庫 青 622-8)

 

 

何が幸せ?

何が僕たちの幸福を決めていると思いますか?

 

お金? 地位? 名誉?

 

アメリカでの科学調査によると、7億円宝くじに当たった人の半分以上が破産するそうです。

 

金銭感覚を失い、どれだけお金を使っても無限にあると思い込んでしまうそうです。

 

宝くじに当たった人は資産運用のためのマニュアルのようなものが渡されるようですが、それでも約5割の人が破産して幸せにはなれていません。

 

「お金があること=幸福」ではないと改めて感じます。

 

不幸は減らせると思いますが。。。

 

結局、幸福かどうかはその人のマインド次第だと思います。

 

「お金さえあれば」などの、「〇〇さえあれば」といった無い物ねだりの精神では、一生幸せにはなれないと考えています。

 

今の環境、今与えられているものから幸せを見出すことが何よりも重要だと思うのです。

 

毎日三食、ベットや布団で寝れる、帰る家がある。

 

このような誰もが当たり前に感じるようなことでも、自分の中での幸せの基準を下げてあげれば、嬉しいことなんです笑

 

お金はあくまでも、自分がやりたいことをやるための手段であって、それが目的ではないと思うのです。

 

真に重要なことは、周りにいる友達や家族との信頼関係を築くことだと僕は考えています。

 

これからは100年ライフの時代だと言われています。

 

また、貨幣経済社会から評価経済社会へと移行しています。

 

つまり、お金よりも信用の方が価値のある時代です。

 

信用があれば、それを換金することができます。

 

まずは、周りいる人たちとの信頼関係を築くところから全てが始まると思います。

 

この時代の変化を踏まえて、これからどう生きていくことが自分にとって一番幸せなのかもう一度考えてみましょう!

 

評価経済社会・電子版プラス

評価経済社会・電子版プラス

 

 

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

今日は二冊!!