ドロップアウト

男子高校生の独断と偏見

友達という無形資産を築く

 

 

僕は、最近まで「友達なんかいらねーだろ(笑)」という考えで、たくさんの人と縁を切ってきました。

 

仲が良かった2人の友人Mと友人Oがいて、いろいろあって、LINEをブロ削してしまったのですが、友人Mに関しては、心のどこかでモヤモヤしてたんですよ。

 

愚かですね~~(笑)

 

昨夜、友人Mには謝罪して仲直りさせてもらいました。

 

やはり僕にとって、必要な友達だと考えました。

 

しかし、友達は量より質という考えは今でも変わっていません。

 

ちなみに友人Oと仲直りする気は微塵もございません(笑)

 

残念なことに友人Mの時と違って、何の後悔もないです(笑)

 

自分の周りにいる友達によって、人生の約50%が決まるという隣人の科学というものもあるみたいですしね。

 

そのような科学的根拠もあるので、やはり切るべき人間関係、繋いでおくべき人間関係を見分けるのは大事ですね。

 

友達は、知識と同様に無形資産だと思います。

 

お金のような有形資産だけあっても、真の幸福感を得ることは出来ないと思いました。

 

僕のような若者にとって、有形資産と無形資産、両者のバランスを保つことの重要性はより増すでしょう。

 

目の前のことに夢中になると、周りが見えなくなってしまいがちな僕ですが、フォロワーの方も含めて、温かい目で見守ってくれると嬉しいです!

 

勝手な無鉄砲野郎を今後ともよろしくお願いします😅