ドロップアウト

男子高校生の独断と偏見

自分のことだけ考える

周りのことが見えなくなるくらい何かに打ち込んだ経験をみなさんはしたことあるでしょうか?

 

いわゆる、フロー状態というものですね。

 

努力は没頭に勝てない、なんて言葉を良く聞くようになりましたが、本当にその通りだと思っています。

 

「~ができるように頑張らなきゃ!」なんて思っている内は、まだフロー状態の境地に達していないということです。

 

僕もまだまだです…😂

 

このブログも面倒くさいと思ってる時点で、まだ努力の領域なんだと思います(笑)

 

とりあえず、100記事までやってみます(笑)

 

「好きだからやるのではなく、やるから好きになる」と考えているからです。

 

努力を越えた没頭の領域に達するには、やはり継続ありきです。

 

ある一時点を越えると、本当の意味で楽しくなってくると思います。

 

ドラクエやポケモンなんかが良い例だと思います。

 

最初はスライムのような雑魚キャラを倒して、地道にレベルアップしていく作業です。

 

その後に、強いボスとかを倒してくのがめっちゃ面白い訳であって…(笑)

 

最初は地味なことでも、まずは継続してやってみるというのが大事なのではないかとクソガキながら思っております(笑)

 

最初は地味でつまらなくても、継続すればドラクエのように楽しくなってくるのでは?

 

学生なら勉強や部活がそれに当たりますね!

 

周りからは努力家と言われていても、自分が楽しいと思うことは、努力している感覚がないですからね。

 

そうなったら勝ちですね。

 

あとは思う存分楽しむだけ。

 

まずは、自分のことだけを考えて、周りのことを気にせず、極端に一つのことにハマりましょう!

 

中途半端なお利口になるよりは、極端に偏った何かのスペシャリストの方が、これからの時代、需要もありますし、人間的にも魅力的ですよね~(笑)

 

過去や未来を不安に感じて、嘆いても現実は何も変わりません。

 

「今、生きている自分」に強烈なスポットライトを当てましょう!

 

 

 

(自分の本心から出てくる言葉を、とにかく打ち込みまくるんだけど、あやしい自己啓発セミナー感がたまに漂ってしまうんだが笑)