ドロップアウト

男子高校生の独断と偏見

不合理な我慢を美徳とするな!

野球部は全員坊主だ!!」という謎の風潮が今も蔓延っています。

 

あれ、何の意味があるんですかね?

 

僕は野球部が強い高校に通っていますが、顧問の先生が校長に交渉して、「髪型は生徒の自由で良い」ということになりました。

 

そのように、全員を決まった型に押し込めるのではなく、一人一人の個性を伸ばすような指導にした方が日本のスポーツ界は明るくなると思っています。

 

実際に野球部の人にも話を聞いてみたところ、中学野球からの坊主制度が嫌で、上手だった人が何人も辞めていったらしいです。

 

あと、夏の甲子園。

 

あれ、何で夏にやるんですか?

 

わざわざ酷暑の中で、やる必要ないでしょう。

 

秋に実施日を変更するとか、空調の効いたドームでやるとか、工夫は何でも出来るはずです。

 

報道されていないだけで、何人もの高校球児が熱中症で倒れています。

 

コンディションが悪い中、一生懸命に我慢しながら野球をする高校球児を美化するメディアの在り方もどうなのかな?と疑問に感じています。

 

確かに、勇ましく全力でプレイする彼等の健闘は称えられるべきものだと思います。

 

しかし、あまりにも不合理で…改善の余地はたくさんあると思います。

 

そのような我慢を美徳とする文化が、日本にはまだ蔓延っていることに対して疑問を感じています。

 

だって、死人まで出てるんですよ!

 

感動とか熱闘だとか言ってられないでしょ(笑)

 

「我慢の美」の陰に隠れて、もっと重要視しなくてはいけない部分が軽視されているように思います。

 

日本のスポーツ界のすべてが、野球の甲子園に詰まっていると思います。

 

野球界がもっと抜本的な改革を行えば、日本国民全体がスポーツに対する価値観や見方を見直すきっかけになるでしょう。

 

なんて、僕みたいなクソガキが言ったところで…(笑)

 

共感してくれる人が一人でもいたら、嬉しいです。