ドロップアウト

男子高校生の独断と偏見

多様性のお話

他人の生き方に文句をつけれるほどあなたの人生は立派なのか。

【ちなみに僕の独り言だと思って読み流してくれれば結構です】

 

日本人にはそういう人たちが多い気がします。

 

なぜそういう思考回路に陥るのか全く理解できない。

 

その人の人生に悪影響を与えてるわけではないのに、自分の価値観を押し付けるってエゴすぎませんか?笑

 

その考えが極論になると戦争になります。

 

宗教戦争、冷戦も思想や価値観の違いを巡った争いだったわけです。

 

「俺はキリスト教は信じない!ユダヤ教は信じない!だから宗教なんてクソだ!」とか言ってる人は頭沸いてませんか?笑

 

信仰する人は信仰すれば良いという話。

 

誰もが気づかないうちにイデオロギーや世間に影響を受けて、正しいと思い込んでいることは一つや二つくらいあるでしょって話。

 

それを否定されるのって訳わからないでしょ?

 

百害あって一利なしというか・・・

 

経験上、否定してくる人たちの大多数が感情論

 

タイトルやキーワードだけを感覚的、感情的に捉えて脊髄反射してるから何の論理性や説得力もない。

 

そういう共感性の高い多様性主張マンとは付き合いたくないですね・・・笑

 

学校によくいる、人の噂話や恋愛事情に過敏なゴシップ大好きな人とかもそう。

 

別に恋愛話に興味がないということではないですが、その中身がどんなものであれ、その人自身の評価は変わらないのですよ。

 

僕は人の内情とか全く気にならないんです。

 

僕が友達に求めているものは、話がすごく面白かったり、考え方が独特だったり、貴重な体験をしていたりだとか。

 

自分に刺激があって、一緒にいて楽しい人です。

 

それが友達の基準であって、例えばその友達がゲイであろうがレズであろうが喫煙してたり二股したりしてようが関係ないのですよ。

 

友達関係においては、全く関係のないことです。

 

その人自身の面白さには関係ないからです。

 

友達には基本面白さしか求めてないです。(危害が及ぶ場合は別)

 

例えば政治家とかでもプライベートがクズでも、仕事では有能で結果を出せる人であれば、プライベートが誠実で、仕事では無能という人よりも社会貢献していると思うのですよ。

 

僕たちが政治家に求めるのは、行政での結果だから。

 

そもそも他人の人生を覗いてとやかく言えるほど、あなたの人生は立派なものなのか?

 

あなたに失敗がないと言い切れる?

 

自分の人生に満足してないから、他人の人生にケチをつけることでマウントをとりたいのかな・・・

 

そういう人は僕みたいなか弱い男子校生(ここ大事)を使っていくらでも上に立って頂ければと思います笑

 

他人の人生を気にする人ほど中身スカスカで時間を無駄にしている」という記事でした。

 

私は私で生きていく。あなたはあなたで生きていく。

 

こういうスタンスの人が増えれば、多様性社会が実現し救われる人も多数いるのではないでしょうか?

 

相田みつをさんも「親切という名のお節介、そっとしておく思いやり」という言葉を残しています。

 

日本人にはお節介な人が多すぎるのかもしれません。

 

そっとしておくことも大事なのでは?


【本編公開中】WEEKLY OCHIAI「多様性をアップデートせよ」(落合陽一×高橋祥子)